外科では、切り傷・すり傷、軽度な火傷など、日々の生活での怪我の治療や治療を行います。

このような症状はご相談ください

来院される患者様によく見られる症状

切り傷・すり傷、軽度な火傷などの外傷から、捻挫、打撲、皮下腫瘤(しこり)の切除・排膿、巻き爪の治療など、一般的な外科的処置などを行っています。また、「他院で手術を受けたけれども、消毒だけ自宅の近くでやってもらいたい」などのご要望にもお応えいたしますので、お気軽にご相談ください。

  • 切り傷、すり傷、咬傷、火傷
  • 捻挫
  • 打撲
  • 皮膚のできもの
  • 皮下腫瘤
  • 褥瘡(床ずれ)
  • 巻き爪
  • 手術後のケア など

診察の結果、高度医療や入院加療、手術などが必要と判断された場合には、適切な医療機関への紹介を行います。

巻き爪の治療・ご相談について

巻き爪について

巻き爪の原因は、元々爪が巻きやすいといった先天的なものから、後天的なものまで様々です。後天的な要因としては、サイズが合っていない靴やパンプスやヒールなど先が狭い靴を日常的に履く、爪先に負荷がかかる運動やスポーツをする、深爪など普段の爪の切り方に問題があるなどが挙げられます。

巻き爪の症状

爪の両端が内側に曲がって巻き込むことで、激しい痛みと炎症を引き起こします。また、親指の爪の角が皮膚に食い込んでとげのように刺さっている状態を陥入爪と言い、同様に激しい痛みや炎症を伴い、悪化すると腫れや膿が見られるようになります。

巻き爪の治療

医療機関で保険適用による手術、自費診療でのワイヤー矯正を行うなどの治療を行うことをお勧めします。ご自身で爪切りを使って処置され誤った切り方をすると、さらに深爪となり症状が悪化しますので、診察の際は爪を切らずにご来院下さい。