日々のつらいお尻のお悩みもご相談ください。正確な診断と説明の上、最も適切な方法を選択し治療いたします。

痔の日帰り手術を実施しています。

肛門疾患について

痔は、肛門疾患の総称で、主なものに「痔核(いぼ痔)」「裂肛(切れ痔)」「痔瘻(痔ろう・あな痔)」があり、症状としては出血、痛み、肛門の痒み、残便感などです。はっきりした自覚症状があっても場所が場所なだけに、相談できずに悩んでいる方も少なくありません。しかしながら、大腸がん、直腸がん、肛門がんなど、重篤な病気が隠れていることもありますので、恥ずかしがらず、まずはご相談ください。

痔核(いぼ痔)

痔の中で最もよく見られるのが痔核です。血管を含めた肛門を閉じる役割をする部分に負担がかかることでうっ血し、ふくらんでしまった状態が痔核です。発生する場所により、内痔核と外痔核に分けられます。

裂肛(切れ痔)

便秘の影響や下痢による慢性的な炎症として、歯状線より下にある肛門上皮が切れてしまった状態が裂肛 (切れ痔)です。痛みや出血をともない、急性裂肛と慢性裂肛があります。

痔瘻(痔ろう・あな痔)

直腸肛門周囲膿瘍(下痢などによって大腸菌などが肛門に侵入することで炎症が起き、膿がたまる病気)が何度も繰り返しできた結果、そこが破れるなどして膿が流れ出るトンネルができてしまった状態が痔瘻です。

痔核 [いぼ痔]

痔の治療について

場所や症状、重症度によって、治療方法が異なります。軽度の場合は、軟膏や座薬などの薬物療法で保存的な治療を行い、排便方法や生活習慣の改善などのアドバイスを行います。症状がひどい場合は、ご相談の上、手術をお勧めしています。

当院での日帰り手術をご希望の方は、ご来院していただいた後、診察により日帰り手術可能かを判断させていただきますので、まずはご相談ください。