生活習慣病(糖尿病、高血圧、脂質異常症、痛風(高尿酸血症)、メタボリックシンドローム等)、貧血、頭痛、便秘症 など

生活習慣病に関する検査と管理を行います

生活習慣病とは、一つの病気を指して呼ぶものではなく、日頃からの生活の乱れ(過食や偏食、運動不足、ストレスなど)が主な原因で起こる、様々な疾患の総称です。

代表的な疾患としては、糖尿病、高血圧、脂質異常症(高脂血症)などが挙げられます。これらの疾患は自覚症状がほとんどないため、気づかないうちに動脈硬化が進行しており、気づいた時には狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患を引き起こしていたということも少なくありません。また、いくつかの疾患が重なることにより、心臓病や脳卒中になるリスクがさらに高まり、生命にも関わってきます。そのため、症状が現れる前に、早めに生活習慣を改善されるのも予防対策のひとつです。生活習慣病に関して気になる点や不安点がある方は、お気軽にご相談ください。

治療について

どの生活習慣病でも、生活習慣の改善が大切です。食事療法と運動療法を中心に、必要と判断した場合には薬物療法も併用し悪化させないようにコントロールしていきます。

主な生活習慣病について

糖尿病

糖尿病とは、何らかの原因によりインスリンが十分に分泌されなかったり、分泌されていても十分に作用していなかったりすることで、ブドウ糖が細胞にうまく取り込まれなくなり、血糖値が通常より高くなってしまっている状態を言います。

長期にわたって血糖値が高い状態が続くと、動脈硬化などを発症する場合があります。その結果、心筋梗塞や脳梗塞を発症してしまったり、場合によっては悪化が進んだことにより、人工透析や失明などの深刻な事態に陥るケースもあります。

糖尿病は現在のところ完治させることはできませんが、食事療法や運動療法による生活改善、あるいは薬物療法などによって血糖値や体重、血圧、血中脂質などを良好な状態に保てば、合併症を起こさずに健康を維持することは十分に可能です。

高血圧

高血圧とは、血圧がある程度の範囲を超えて常に高く維持されている状態を言います。血圧の高い状態が続くと、血管の壁が圧力によってダメージを受けます。すると、血管の壁が厚くなったり、硬くなったりして、狭心症や心筋梗塞、脳卒中、腎臓病などの疾患になるリスクが高まります。

高血圧の基準となる数値については、血圧には収縮期血圧(最高血圧)と拡張期血圧(最低血圧)があり、その両方の数値を測定します。病院の診察室(外来)で計測する場合は、(最高血圧)140/(最低血圧)90mmHg以上、家庭で計測する場合は、(最高血圧)135/(最低血圧)85mmHg以上が高血圧と診断されます。

治療は食事療法と運動療法が中心で、食事面では減塩に努め、適度な運動を継続的に行いながら適正な体重にするといった生活習慣の改善を行います。また、医師から薬を処方された場合は指示通りにきちんと服用する必要がありますが、薬に頼らず生活できることを目指し、日頃から継続して生活習慣の改善を心がけることが何よりも大切です。

脂質異常症(高脂血症)

脂質異常症とは、血液中の脂質(コレステロールや中性脂肪)の濃度が慢性的に高い状態を言います。そのまま放置すると増えた脂質が血管に詰まることで動脈硬化が進行し、心筋梗塞や脳卒中などを引き起こす原因となります。
治療については、生活習慣の改善と薬物療法が中心となります。特に食生活の改善が非常に重要となり、高LDL(悪玉)コレステロール血症の方の場合は、動物性脂肪を含む食品を控えて植物性脂肪を含む食品を多く摂る/コレステロールを多く含む食品を控える/野菜やきのこなど食物繊維をたくさん含む食品を積極的に摂るといったことを行い、高トリグリセライド(中性脂肪)血症の方の場合は、糖質の多い食品やお酒を控える/摂取エネルギーをコントロールするといったことを行います。