一般内科では、内科全般の急性症状から慢性疾患まで、地域の皆様の「かかりつけ医」として、丁寧な診療を心がけています。

このような症状はご相談ください

来院される患者様によく見られる症状

内科的な疾患は様々な自覚症状で始まりますが、重大な病気の前兆であることもしばしばです。一見大したことがないように見えても侮れませんので、まずはご相談ください。

  • せき、痰、鼻水、喉の痛み、発熱
  • お腹の調子が悪い(腹痛、便秘・下痢など)
  • お腹が張る
  • 吐き気、嘔吐
  • 胸痛、胸部圧迫感
  • 頭痛
  • 立ちくらみ、眩暈
  • 動悸、息切れ
  • むくみ
  • 喉の異常な渇き
  • 発疹
  • 疲労感、夏バテ
  • 急な体重の増減 など

主な対象疾患

  • 風邪症候群
  • インフルエンザ
  • 咽頭炎
  • 扁桃炎
  • 気管支炎
  • 肺炎
  • 貧血
  • 頭痛
  • 便秘症 など

診察の結果、高度医療や入院加療、手術などが必要と判断された場合は、適切な医療機関への紹介を行います。

ちょっとした体調の変化もご相談ください

患者様のお話をお聞きしたうえで、一人一人に合わせた最適な治療法を考えていきます。「なんとなく体調が悪い気がする」「何科を受診したらよいかわからない」といった方も、少しでも気になる点や不安な点がございましたら、まずは内科をご受診ください。