胃内視鏡検査では、細径の内視鏡を「口から挿入する方法」と「鼻から挿入する方法」がお選びいただけます。

経口・経鼻による胃内視鏡検査(胃カメラ)を実施しています。

日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医が検査を行います

当院では、胃内視鏡をもっと気軽に受けていただくため、できる限り苦しくないよう細径の内視鏡を使用し、日本消化器内視鏡学会「消化器内視鏡専門医」が丁寧に検査・診断いたします。現在症状がなくても、過去に胃の疾患を患ったことがある方、過去にポリープが発見された方、ピロリ菌感染、慢性萎縮性胃炎のある方は、定期的な内視鏡検査をお勧めしております。

  • 胃の不快感がある
  • 胸焼けがする
  • 上腹部が痛む
  • 喉や胸がつかえる感じがする
  • 吐き気、嘔吐
  • 貧血だと診断されたことがある
  • 普段と変わらない生活をしているにもかかわらず、体重が急に減った
  • 黒い便が出る
  • 胃の検診で異常を指摘された
  • 肝硬変と言われている
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍になったことがある
  • 過去に食道がん、胃がんの治療をしたことがある  など

検査でわかる疾患

ファイバースコープを体内に挿入し、食道・胃・十二指腸の中を内視鏡で検査することにより、潰瘍(食道潰瘍、胃潰瘍、十二指腸潰瘍)、炎症(逆流性食道炎、胃炎)、腫瘍、がん(食道がん、胃がん)、ポリープなどを実際に見て診断できます。

  • 胃がん
  • 食道がん
  • 十二指腸がん
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 急性胃炎 など

受診される皆様へ

まずは診察にお越しください。現在の症状やこれまでの病歴などを伺い、事前診察を行います。また、健診などで異常を指摘された方は、検査結果の書類一式もお持ちください。診察後、ご都合に合わせて検査予約をお取りします。

ご希望により鎮静剤による処置も行っておりますので、不安な方はご相談ください。なお、鎮静剤を用いた場合は、影響が少し残るケースもあるため、検査当日は、公共交通機関をご利用の上、ご来院・ご帰宅ください。

当院では、安心して検査を受けていただくため、内視鏡用洗浄消毒器や全自動高圧蒸気滅菌器を導入し、内視鏡スコープの付着物を高レベルの消毒液にて完全に洗い流すことで、残っている細菌やウイルスをすべて死滅させるなど、徹底した感染症対策を行っております。