消化器内科では、主に口から肛門までの消化管(食道・胃・小腸・大腸)や肝臓、胆のう、すい臓の病気を診療を行っております。

このような症状はぜひご相談下さい

来院される患者様によく見られる症状

消化器内科では、食道、胃、十二指腸、大腸、肝臓、胆のう、すい臓など、消化器領域の病気に対し、日本消化器病学会 消化器病専門医が診療を行います。また、必要に応じて腹部超音波(エコー)検査、内視鏡検査など、各種検査も可能です。おなかに関するお困りことがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

  • 胃の痛み、胃のもたれ
  • 胸やけ
  • 呑酸、げっぷ、はきけ
  • お腹の張り、腹痛
  • 便秘、下痢
  • のどのつかえ、のどの違和感
  • 食欲の低下、体重減少
  • 黄疸(からだが黄色くなる)
  • 黒い便が出る、便に血が混じっている など

診察の結果、高度医療や入院加療、手術などが必要と判断された場合は、適切な医療機関への紹介を行います。

主な対象疾患

  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 逆流性食道炎
  • ヘリコバクター・ピロリ菌の感染症
  • 急性胃炎
  • 慢性胃炎
  • 慢性便秘症
  • 感染性下痢症
  • 過敏性腸症候群
  • 急性胆のう炎
  • 肝臓病(脂肪肝、アルコール性肝障害、ウイルス性肝炎)
  • 膵臓病(慢性膵炎、膵臓がん) など